なぜキックボクシングなのか|正しい姿勢・呼吸・歩き方を目指す『LIFE FIT ライフフィット』吹田 千里山

更新日:2021年5月18日

LIFE FITではキックボクシングを取り入れています。メニューとしてキックボクシングがありますし、パーソナルの中でも希望があれば行っています。



私自身、キックボクシングをやっていたわけではありません。では、なぜキックボクシングを取り入れているか…。もちろんキックボクシングを上手くなるためにやっているのではなく、身体の使い方が上手になるために取り入れています。


まず、パンチをするときには、体重移動が含まれており、後ろの足から前側の股関節に上手く体重を乗せることで、強いパンチを打つ土台となります。股関節に体重を乗せるのは、歩行や身体を屈める時など、どんな場面でも使う重要な身体の使い方の一つです。普段から股関節にうまく体重を乗せる事ができていなければ、腰痛や膝痛の要因となってしまいます。


次に体幹と肩甲骨の連動性や安定性が必要になります。体幹や肩甲骨が連動していなければ強いパンチが打てませんし、安定性がなければミットに当たった瞬間に、反作用の力に負けてしまい肩甲骨と胸郭が離れてしまったり、腰が反ってしまい力が逃げてしまいます。体幹や肩甲骨が安定すれば、肩こりや腰痛などになりにくい身体になってきます。




他にも膝蹴りは、股関節を後ろに伸ばす動きと反対に前に振り上げる動きが含まれます。後ろに伸ばす動きはお尻の筋肉はもも裏の筋肉を使うため、姿勢をきれいに保つのに重要ですし、走ったり歩いたりする時のスピードにも影響します。骨盤の安定にも働くので、腰痛にもなりにくくなります。また、脚を振り上げる動きは股関節の前にある腸腰筋という筋肉を使うので、腰椎の安定性が向上したり、歩く時にもスムーズな足の振り出しができるようになります。


このようにキックボクシングには、身体を正しく使うための要素がたくさん含まれているため、LIFE FITライフフィットでは導入しています。


興味のある方は、ぜひ試して下さい。お勧めです。


閲覧数:28回0件のコメント