プランクで肩がゴツくなってしまう|肩こりや腰痛のない機能的な体を目指します『ライフフィットジム 吹田』



トレーニングの経験がある方やYouTubeなどでトレーニング動画を見たことのある方は、プランクという体幹トレーニングを一度でもした事があるでしょう。


しかし、プランクは正しくできていないとお腹に効かすことは出来ません。よくある間違いとして、腰を反ってしまい腰の筋肉に効いてしまったり、上半身で支え過ぎてしまい肩の筋肉に効いてしまうことです。


上半身で支え過ぎた結果、肩周りばかりがゴツくなる…といった方もおられます。


まずは骨盤の前側にある恥骨と胸骨との距離を短くします。これは骨盤の後継という動きになります。この動きをすることで、腰の筋肉ではなくてお腹の筋肉に効きやすくなります。瞬間的にはできるけど、その姿勢が長続きしないという方は、強度が高すぎるので、肘とつま先で支えるのではなくて、肘と膝で支えるようにしましょう。


上半身で支え過ぎてしまうのは、肘が肩よりも骨盤側に位置している可能性が高いです。肩の下に肘が位置するようにしましょう。


動画でプランクの説明をしているので、参考にしてみてください。



閲覧数:239回0件のコメント