ファンクショナルトレーニングジム『LIFE FIT ライフフィット』の基本的なアプローチの手順|パーソナルトレーニング|吹田市千里山

更新日:2021年5月17日

 LIFE FITでは、機能的な(肩こりや腰痛がなく疲れにくい)カラダを目指すために3つのステップがあります。


第1段階:リリース(筋肉をゆるめる)


 まずは筋肉や筋膜、関節をリリースしていきます。筋肉や筋膜などの軟部組織は、関節を固めてしまったり、骨を引っ張ってしまうことで関節が歪んでしまいます。その状態でトレーニングだけを行っても、痛みや関節の変形を強くさせてしまいます。筋肉や筋膜などの軟部組織は、ストレッチやリリースボールなどでもある程度改善することはできますが、関節自体が硬くなってしまった場合は難しいです。関節をリリースするためには、専門家による徒手で正しいリリースを行いことが重要になります。




第2段階:トレーニング(筋肉を鍛える)


 次にトレーニングですが、これにも正しい順番があります。ただ単にスクワットなどのトレーニングだけをしても、腰を痛めたり使って欲しい筋肉に刺激が入らないことがあります。弱くなってしまった筋肉は優先的に使用できないため、その筋肉だけを狙ったトレーニングから行う必要があります。また、腕や脚を動かす筋肉だけではなくて、体幹から連動して動かさなければ、動きの中では正しく使うことができません。体幹を使いながら、腕や脚の筋肉のトレーニングが必要になります。





第3段階:ムーブ(カラダの正しい使い方を獲得)


 最後にカラダの正しい使い方を練習していきます。筋肉の強化ができてきたら、その筋肉を動作の中で使いながら練習を行います。日常の生活でよく使うようなしゃがむ動きや物を持ち上げる動作、歩く動作、さらにはゴルフやランニングなどに必要な動作を行っていきます。ただ、その動作を行うよりも、負荷をかけた方が体が覚えやすいので、ケトルベルという重りやケーブルなどを使用して行います。





一般的なフィットネスクラブでは、全体的なストレッチやトレーニングしかできないので、細かな姿勢や動作を改善することは難しいです。


肩こりや腰痛がなく、疲れにくい機能的な身体を目指したい方は、ぜひご相談ください。

閲覧数:4回0件のコメント