オーダーメイドインソール|正しい姿勢・呼吸・歩き方を目指す『LIFE FIT ライフフィット』吹田 千里山

更新日:2021年5月18日

LIFE FITでは"完全"オーダーメイドのインソール を作成しています。5月現在ではスポーツ用のみの取り扱いですが、これから一般用やキッズ用のインソール を開発予定です。



オーダーメイドインソールと謳っている商品は多くありますが、そのほとんどは足の形に合わせただけのインソール である事がほとんどです。崩れた足を少し修正しただけのアーチを採型し、動きも確認せずオプションのパーツを付けただけのインソール では、靴とのフィット感は出ても実際の動きは変わらないです。


実際に私も現役時代に世界的に大手のオーダーメイドインソールを作成し、現在も手元にありますが、歩行などに変化はありません。フィット感があるだけです。


そもそもアーチのサポートはあくまでも補助的なものですので、アーチサポートを最大限に押し出しているインソール はほとんど効果がありません。


LIFE FITのオーダーメイドインソールはアーチを作る距骨下関節の動きを誘導するためのパッドを実際の動きを確認しながら、高さや入れる位置を決めていきます。


また、重要な第一列と言われる親指のラインの長さを確認し、母趾球の下にパッドを入れるかどうか、どれくらいの厚みのものを入れるかを動作を見ながら決定します。意外と親指が短い人は多いですが、ほとんどのインソールを作っている人やお医者さんは知らないと思います。


知り合いの社会人ラグビー選手で、かなり親指の短い選手がいましたが、常にすねの骨の疲労骨折がありました。親指が短く、蹴り出しの時に捻る力がすねの骨にかかっていたからでしょう。その痛みは私が作ったインソール でかなり軽減しました。


また、足の裏に筋肉を使いやすくするためのパッドを2つ付けます。つける位置も確認しながら決めていきますが、このパッドだけでも足裏の筋肉が反応し、歩き方がよくなります。


プロラグビー選手や社会人野球選手、社会人アメリカンフットボール選手などに作成してきましたが、その人が今まで使ってきたオーダーメイドインソールよりも良い結果を出し、納得してくれています。



私自身、膝の手術を5回経験し色々と勉強してきましたが、扁平足も膝の怪我の要因になっていた思います。このオーダーメイドインソールは動きを変える事ができるので、怪我の予防だけでなくパフォーマンスにおいても高い効果を発揮してくれる商品です。


スポーツ用と全く同じ機能を一般用・キッズ用のインソールにも適応する予定です。

足の状態のチェックもできますので、お気軽にご連絡ください。



閲覧数:6回0件のコメント